ブログ

ERPは管理上の課題をどのように解決するのか?

5月 14, 2021

多くのテクノロジーアプリケーションが管理問題の解決に役立つため、デジタルトランスフォーメーションはますます企業競争の優位性を高めるポイントになりつつあります。特にERPーエンタープライズリソースプランニングシステムは長期的な経済的利益をもたらすことが認められているソリューションです。しかし現在、ベトナムでは、このようなプラットフォームにまだアプローチしておらず、コアバリューを理解していない中規模および大規模の企業が数多くあります。

この記事では、ビジネスの効率を向上させるためにERPを設定することを学び、設定する予定のみんなさんを紹介します。

1. ERP とは?

ERPの情報はインターネットにあふれていますが、まずは次のことを覚えておいてください。 ERPとは、Enterprise Resources Planning の略であり、企業経営の基本となる資源要素(ヒト・モノ・カネ・情報)を適切に分配し有効活用する計画=考え方を意味します。

最初に、リソース(R)について説明します。これは、ITの世界で、システムで使用可能なソフトウェア、ハードウェア、データなどのコアリソースを表すために使用される単語です。企業は、人材をリソースに変換する能力と、リソースを活用しアップデートすることに焦点を合わせる部門を持つ必要があります。

リソース(R)が最初に言及される理由は、ERPの実装が成功するかどうかにかかわらず、適切なコンサルティングチームを見つけて、システムの展開時に協力する必要があるからです。この段階でデータの標準化が始まり、人的資源を資源(R)に変換するのに最も費用がかかります。

次に、ERPの計画(P)を分析して、システムを実装するときに企業がどのように計画を立てるかを確認します。

ERPシステムの予測および計算機能は、運用の時点で発生する課題を予測するのに役立ちます。

ERPは、店舗が在庫量を把握して、どのアイテムが不足しているかを知るのに役立ち、時間内に商品を補充する計画を立てることができます。

または、企業は、ミスを最小限に抑えるために、価格設定ポリシー、割引、購入などを計画することもできます。

さらに、ERPの計画(P)は、人事管理、販売管理、カスタマーケアなど、運用段階で必要なタスクの計画をサポートします。

管理上の課題のほとんどは、ERPプラットフォームで解決できます。たとえば、採用段階で候補者は応募フォームに記入する必要がありますが、人事部門は情報を処理してシステムにデータを入力するのに時間がかかります。また、面接後、各部署が候補者を採用するかどうか決定する必要があります。新入社員を迎える準備のために複数の部門が連携する必要があります。機器管理では、コンピューターの割り当てや、資産管理のための一連の事務処理も計画されています。部門が個々のシステムでタスクを実行する場合、各部署の進捗を知ることができず、問題が発生したときにタイムリーに解決することができません。

ERPは、このような管理の問題を解決して、プロセスを最適化し、各部門が上手く連携するために生まれました。

2. ERPシステムはどのような管理ソリューションをもたらすのか?

what is erp

ERPのメリット

プロセスを標準化し、部門間をうまく連携させて、管理上の問題を完全に解決するのに役立ちます。 ERPは、以下のモジュールを含むオールインワンシステムと言えます。

  • 人事管理ソリューション
  • 販売管理ソリューション
  • カスタマーケアソリューション
  • 資産管理ソリューション
  • 管理および割り当てソリューション

これらは、BEMOがターゲットとする中小企業および大企業に展開するときに焦点を当てる5つの典型的なモジュールです。 では、各モジュールが管理上の課題に対し、どのようなソリューションをもたらすのでしょうか。

  • 販売管理:販売、購入、在庫管理、配送システムへの接続、または外部端末と連携できます。販売業務の課題は完全に最適化されます。
  • カスタマーケア:ERPシステムは販売段階で終わるのではなく、そのソリューションはカスタマーケアモジュール(CRM)を介して顧客のライフサイクルにアプローチします。この段階で、システムはフィードバックを迅速に記録し、販売チームは売り上げを伸ばすことができます。人的資源管理:企業の規模が大きくなるにつれて、人的資源管理プロセスはより厳格になるべきです。このモジュールは、採用から各従業員の時間管理、報酬、パフォーマンス測定までのすべてのプロセスの自動化に役立ちます。そこから、リソースの適切な使用を計画できるようサポートします。または、システムに関するレポートは、ビジネスの状況を確認し、タイムリーに調整を行うための手段です。
  • 資産管理:事業規模が大きくなると、部門間で連携できるシステムがないと、購買、割り当て、流通などにおいて資産管理が難しくなります。したがって、ERPは各従業員の稼働状況、各部門の資産数を確認して損失のリスクを最小限に抑えることができ、コストを最適化するための賢い方法です。部門は資産が無くなる前に迅速に処理できるようにします。
  • ERPは、デジタルトランスフォーメーションの時代において、迅速で効果的な部門のチェーンを作成して、厳格な管理プロセスを確立することに役立ちます。