ブログ

デジタルトランスフォーメーション時代の才能を効果的に獲得する方法は?

7月 20, 2021

「タレントハンティング」の競争はとてもエキサイティングなものであり、デジタル時代では、雇用主がより多くのスキルを必要とするとき、それはさらに激しくなります。 この記事では、従業員を引き付けるためにデジタル採用が何をする必要があるかを企業に示します。

1. 大企業からの採用成功の秘訣

タレントハンティング

才能を探すためにイーロンマスクから学ぶ

デジタル時代の才能を探すために、企業は次の要素を考慮する必要があります。

  • 資格ではなく能力を重視–ベトナムの文化では、高度な学位を評価します。この事は間違っているわけではありません。しかし、雇用主はたびたび普通の学位を持つ多くの才能を軽視します。この戦術は、才能を探すときにテスラの会長であるイーロン・マスクは学位に焦点を合わせていません。彼はしばしば候補者に彼らにとって最も難しい問題に取り組むように頼み、そしてそれを周りに質問をします。 「人が問題の解決に直接責任を負わなければ、彼らは答えを得られません」とマスクは言いました。
  • 1週間の試用期間–これは、今日のビジネスの2か月の試用期間とは少し異なる戦略です。ただし、企業が候補者の能力を評価するには1週間のトライアルで十分であるため、時間と企業リソースを節約できます。これは、候補者が雰囲気や企業文化を感じる機会でもあります…
  • 面接時に状況を説明する–デジタル時代では、仕事のリズムが非常に大切であるため、柔軟で迅速な対応が可能な候補者を採用する必要があります。したがって、面接の際には、雇用主は問題を提起し、問題を受け取って処理する際の彼らの反応を見て、決定する必要があります。
  • 第一印象:スタイル、自信、仕事への意欲…は、SevenRoomsの共同創設者であるAllisonPageが明らかにしたものです。
  • 謙虚な候補者–多くのリーダーは、自分よりも優れているが謙虚な候補者を採用する必要があると考えています。これによって、従業員は自分の能力と専門的なスキルを自由に伸ばすことができます。企業には、彼らが最初はキャリアを始めたときであっても、現在は専門家であり、同時に同僚を助ける方法を知っている、本当に働く従業員が必要です。
  • ボディーランゲージに焦点を当てる-ボディーランゲージは、雇用主が候補者の能力の一部を見るためのしるしです。雇用主は直接質問するのではなく、暗黙の質問をする必要があります。次に、候補者のボディランゲージが回答と一致するかどうかを注意深く見て、カテゴリ別の評価を行います。

2. デジタル時代の才能を探す方法は?

デジタル時代のタレントハンティング

絶え間ない変化の時代に適応するために、企業は適切なスキルを完全に備えている必要があります。言い換えれば、企業の「サメ」を探すには、企業は次の必須スキルを持っている必要があります。

  • 計画と戦略–担当部門は、情報を検索、アクセス、管理する計画を立てる必要があります。また、候補者をフォローアップして採用の目標到達プロセスに持ち込む必要があります。 たとえば、採用担当者は、候補者の検索、フォームへのアクセス(広告、大きなページのPR記事の採用など)、ERP管理システムによる候補者情報の管理を全ての関連する部門に提供する必要があります。それは面接する時に備える資料です。
  • 求人を理解する必要があります–採用担当者が部門の探しているポジションの仕事を理解できない場合、それは干し草の山の中の針です。また、企業のために必要なスキル、経験、能力を理解し、部門のさまざまな仕事を理解する必要があります。
  • ブランド知識-優秀な採用担当者は、ブランド認知度を広めて有能な候補者を引き付け、ライバルと比較して競争上の優位性を高める方法を知っている必要があります。 したがって、人材採用部門は、Facebook、LinkedIn、Webサイトなどのソーシャルネットワーキングフォーラムで企業文化と職場環境を積極的に伝える必要があります…
  • データ分析-採用の専門家は、毎日多くの候補者プロファイルを処理する必要があるため、データ分析の専門家である必要があります。このスキルは、不適切な履歴書をすぐに排除し、面接時間を短縮するのに役立ちます。

上記のスキルに加えて、デジタル時代の採用にはさらに多くの課題があります。

従来の方法のように求人応募が求人情報チャンネルからの返信を受動的に待つだけでなく、競合他社に「盗まれない」ないように積極的に探す必要があります。採用担当者は、セミナーに参加したり、FacebookやLinkedInのグループに参加して、才能を見つけてアプローチします。

デジタル時代の雇用主は、才能を引き付けて説得するために魅力的なキャンペーンを考える必要があるため、販売とマーケティングについてもっと知る必要があります。これは、テクノロジー時代の雇用主が効果的に「才能を狩る」ために育成しなければならない優れた点です。

採用は今やスピードの競争です。企業文化を構築することに加えて、上記のスキルを満たすビジネスは、より早く才能を引き付けるでしょう。さらに、ERPなどの包括的な管理システムを使用することで、専門部門が採用プロセスを迅速かつ卓越して保存、評価、再構築することから、「人材を探す」ことまで、可能な限り迅速にサポートします。