Case Study

BEMO – 人事管理のソリューション

ERPモジュールを用いた人事管理は、企業や人事部門の課題解決に大きな効果をもたらします。しかし、中規模以上の企業の大多数は、効果を検証するために多くの情報を必要とするので、いまだにERPを導入すべきかどうか判断できずにいます。この記事では、ERPが人事管理の困難をどのように解決したかをご紹介します。

1. ヒューマンリソースマネジメントの困難

人材は、ビジネスの運営体制の中で重要な役割を果たし、ビジネスのパフォーマンスにも大きな影響を与えます。そして、どんなビジネスでも、規模の大小にかかわらず、人的資源の管理に関しては、以下のような問題を抱えているのが現状です。

人的資源の配分の困難:従業員を手作業で管理すると、企業は資源の使用を評価し、最適化することが重要になります。例えば、企業の業績が安定していない場合、人的資源が余っているかどうかを測る根拠がありませんし、逆に事業が発展している場合、管理委員会はタイムリーな採用のためのコストを正確に分析することができません。

従業員の維持:ヒューマンリソースマネジメントの成功は、才能ある人材を確保し、離職率を最小限に抑えることができるかどうかにかかっています。しかし、ビジネスの規模が大きくなると、各従業員の生産性を正確に手動で計算したり、適切な給与やボーナスの水準を計算したりする際に、どうしてもミスが生じてしまいます。これが、従業員の離職に影響を与える主な理由の1つです。

従業員の全体的なパフォーマンスを把握するのに苦労している:あなたは経営者であり、何百人、何千人もの従業員を管理していると思います。ある従業員や特定の部署のパフォーマンス、トレーニングの進捗状況、実務経験などの一般的な情報が必要になったとき、仕事を割り当てたり、大きなプロジェクトを引き受けたりする判断ができるでしょうか。また、従業員のキャリアパスを構築する場合、情報を検索したり、何百ものデータを繋ぎ合わせたりすることに困難を感じていませんか?

人事管理の問題を解決するためには、デジタルトランスフォーメーションへのアプローチが必要です。時間短縮とコスト削減のためには、ERPシステムが好ましい選択です。では、ERPは人事管理におけるどのような問題の解決に役立つのでしょうか?次のパートを参考しましょう。

2. BEMOは、ヒューマンリソースマネジメントにおける障害をどのようにして消滅させるのでしょうか?

hrm

企業のデジタルトランスフォーメーションはかなり複雑ですが、ERPを導入することでプロセスを簡素化し、大きな成果をもたらすことができます。以下、人事分析システムの基本を見ていきましょう。

hr analysis system

このように、ERPは上述したような人事管理における困難を改善・解決します。ERPは、企業が目標を達成するためのまっとうなリソースであると言えます。

  • 職場のネットワークを強化し、関連部署の有益な情報を1つのシステムで迅速に共有できるようになります。
  • 給与計算、保険申告、福利厚生などのミスを最小限に抑え、プロ意識を高めます。
  •  社内のコミュニケーションが容易になり、すべてがシステムに統合されているため、メールでのコミュニケーションよりも効果的です。
  •  また、ERPは、専門的な人材、給与計算スタッフ、契約書作成のための管理スタッフ、コミュニケーションなどのコストを最適化します。
  • 取締役会や管理職は、異なる部門から別々のものを待つのではなく、すぐにレポートを読むことができます。

また、ERPシステムの構築を進める前に、BEMOの分析システムをリーズナブルな価格で試して判断することができます。

BEMOは、以下の優れたモジュールによる完全な人事管理ソリューションを提供しています。

  • 採用管理 – このソリューションは、採用応募の自動化を促進し、多くの採用ウェブサイトと統合し、インフォグラフィック・テンプレートを洗練・設計し、特に多くのインターフェースと互換性があります。
  • 人事情報管理 – 契約書の編集、効率的な管理、ポリシーシステム、透明性の高い福利厚生、正確な給与計算のサポート、人材の生産性を正確に評価することができます。
  • タイムシート管理 – BEMOシステムは、タイムシート情報、従業員からの迅速なフィードバックを表示し、多くのアプリケーションツールを統合する機能を提供します。
  • 給与および福利厚生管理 – ビジネスニーズに応じて給与を設計し、勤務実績に基づいて給与を計算し、部門およびプロジェクトの給与コストを便利に管理します。
  • トレーニング管理 – トレーニングプラットフォームは人工知能 4.0技術に基づいて構築されており、企業は従業員やオーナーのトレーニングプロセスを効果的に監視・評価することができます。さらに、部門はトレーニングプログラムを迅速に設計することができ、人材確保の効果を高めることができます。