Case Study

ヒューマンリソースの効率化-効率的にタスクを割り当てるERPソリューション

1. 管理職がよく直面する部署内での業務割り当ての落とし穴

quy trình phân công công việc

世界的な高度IT化が進んでいる現在社会では、企業が成長するためには、デジタルトランスフォーメーションは避けて通れないものとなっています。しかし現実には、多くの企業がメールや書類をもとに仕事を管理しており、検索や進捗状況の把握、重複業務などに多くの時間を要し、生産性も決して高くありません。

管理者にとっては、特に出張が多い場合や、お客様に会いに行く場合など、マニュアル管理では作業状況の把握が困難になります。また、タスクを割り当てる際には、ワークスケジュールに記録して、社員にタスクの完了を促す必要があります。

社員にとっては、仕事の整理の仕方がわからないと、やるべきことを飛ばしたり、忘れたり、さらにはどれが重要で優先的に処理すべきことなのかもわからなくなってしまいます。そうなると、社員はすべての仕事をこなすことができず、退屈してしまい、さらには管理者が自らを「強制」していると考えてしまい、団結力や仕事へのモチベーションが低下してしまうのです。

また、部門内の作業リンクが統一されていないため、ワークフローが機能せず、部門の効率も低下しています。

あなたの会社は古い管理システムを使い続けますか?

近年発展してきた4.0テクノロジーにより、最先端のソフトウェアが誕生し、企業が潜在能力を発揮し、飛躍的な発展を遂げています。競争力を身につけるため、多くの企業がERPによる包括的な管理ソリューションを検討するようになりました。

2. ERPは企業にスマートな仕事の割り当て効率化をもたらします。

quản lý phân việc erp

ERPを導入することは、以下のようなワークフローで仕事のパフォーマンスを最適化するためのスマートなステップです。

  • 管理者レベルのユーザーは、従業員の仕事の完了状況、遅刻の有無などを一覧表で確認し、部門の作業項目を管理することができ、再計画にも利用できます。
  • また、各社員のパフォーマンスを分析することで、マネジメントレベルが社員の作業能力に応じて分担することができ、計画が立てやすくなります。
  • 従業員の評価の透明性が高まることで従業員のモチベーションの向上につながりやすく、一人一人が最高レベルの貢献ができるようになります。
  •  統計レポートは明確かつ正確で、リアルタイムに近く、管理目的に合わせて柔軟にカスタマイズすることができます。

上記のような職務管理モジュールのおかげで、BEMO ERPはが従来の非効率的な業務を排除することに成功してきました。

  • リソースの使用効率を最適化し、作業効率を高め、従業員の自発性をも高めることができます。
  • 管理者は、プロジェクトを管理し、その効果を評価することができます。また、すべての財務データをソフトウェアにリンクさせることができるので、適切な戦略を立てることができます。

もしあなたがビジネスでERPシステムの適用を考えている場合、私たちにご連絡ください。システムを複雑化させることなく、最も競争力のあるコストで機能を体験することができます。