Case Study

[ケーススタディ] ソフトウェア製造業向けのERPソリューション

1. 株式会社BAP

事業内容:ソフトウェア開発

従業員: 350名(2ヶ国5支店)

適用範囲:  企業全体

2. ERP導入前の問題点

Slackを使った社内コミュニケーション、JiraやTrelloを統合した業務管理、会計のMisaツールなど、部署ごとに異なるツールやソフトウェアを使用しているため、透明性のないデータの流れになっています。そのため、管理側がタイムリーにビジネスの概要を把握できていません。

多くの企業では、ツールやソフトウェアを使用していないため、社内でのやりとりが難しく、エクセルを使って管理するなど、手作業がまだまだ多いのが現状です。そのため、各部門がデータを保存すると、データの共有がより困難になります。

例えば、エクセルを使って手作業で給与を計算している人事部では、ヒューマンエラーが発生しやすくクレームにつながりますし、メールで許可・承認を求めると情報が漏れやすく、給与や賞与に影響します。

顧客管理部門では、エクセルファイルを使って購買者の行動や習慣を分析することが難しく、営業担当の社員の交流が制限されます。

さらに、データがなかったり、個々のソフトでデータがスムーズに取れなかったりするため、取締役会や部門長が従業員の成果を管理・評価することも困難です。

プロセスに一貫性がなく、コントロールが難しく、各人がそれぞれの方法で理解しているため、時間の浪費、信頼性の低いコミュニケーション、パフォーマンスへの影響につながります。

これらの問題をまとめると、企業が労働生産性を向上させ、中規模・大規模(従業員数500人、1000人)に成長することは困難です。

3. Bemoはどのように企業にソリューションを提供しているのですか?

bemo cung cấp giải pháp

事業の規模や組織に応じたプロセスの標準化

人事管理、デバイス管理、包括的な作業管理などのモジュールを含む部門用の包括的なERP管理システムを提供します。

ビジネスの透明なデータフローは、マネージャーやビジネスオーナーに概要を提供します。

企業の従業員にとっては、情報の流れやプロセスが同じシステム上で統一され、透過的になることで、経験値が上がります。

企業は、システムを運用するために多くの労力を費やす必要がなくなりますし、データセキュリティの問題を心配する必要もありません。

4. ERP導入時の問題点

部門別プロセスの標準化:世界標準のプロセスをすぐにビジネスに適用することはできませんが、現在のモデルに合わせて多くのカスタマイズを行う必要があります。

スタート時には、マネージャーも従業員も、プロセスが煩雑になり時間がかかることを心配して、変化を恐れています。しかし、BEMOを使って根気よく続けた結果、時間の節約、プロセスの明確化、従業員のモチベーションアップなどの効果が得られています。