ブログ

仕事のパフォーマンスを低下させる要因

7月 7, 2021

従業員のパフォーマンスの低下は、ビジネスの規模が大きくなるにつれてよく見られ、財務からリソースまでビジネスに多くの影響を及ぼします。この記事では、従業員のパフォーマンスに影響を与える理由を示します。

1. 従業員と経営陣の間のつながりの欠如

従業員のパフォーマンスに影響を与える要因は、従業員と経営陣の間の結束の欠如である可能性があります。それでは、経営者は従業員の仕事が何であるかを具体的に知ることができないので、それが障害になります。従業員は、上司が彼らをサポートしていないと感じます。

スタッフと経営陣のつながりの欠如

この事は、従業員が仕事が嫌になり、生産性の低下、および高い転職意欲につながります。したがって、企業はプロセスを標準化し、リーダーと従業員が簡単にやり取りできるように、すべて同じプラットフォームで作業する必要があります。同時に、企業は、お互いをサポートし、理解するために、毎月または四半期ごとに活動によって、交流の文化、対面の会議を構築する必要があります。

2. 上司からの肯定的なフィードバックのスタッフの欠如

従業員にとって、明確な方向性を上司からの提案される事は非常に重要です。なぜなら、彼らが自分の仕事の意味と彼らのどれくらいビジネスへ貢献しているかを知ることによって、自分自身を改善し、将来のより良い仕事につなげる事が出来るからです。しかし、上司が従業員の仕事に反応しない場合、彼らは仕事へのモチベーションを下げ、これが生産性の低下につながり、長期的には従業員の士気に影響を及ぼします。

したがって、企業は従業員の仕事についてタイムリーなフィードバックを提供し、その結果に基づいて明確なビジネス目標と方向性を従業員に見せてもらう必要があります。そうすることで、従業員の生産性が向上し、従業員を維持できるようになります。

3.  認識の欠如

従業員の認知されたい気持ちは非常に高く、リーダーシップレベルからの認識と報酬が不足している場合、それは彼らの生産性と仕事の結果に影響を与えます。したがって、企業は、従業員のやる気を引き出すために、金銭的、昇進、または従業員をやる気にさせモチベーションを維持するその他のものを持っている必要があります。

認識の欠如

企業が報酬ポリシーをまだ確定していない場合、従業員はアイデアを提供することを許可されるべきです。したがって、企業は、内部ポリシーに含める適切な形式のボーナスを簡単に選択できます。

4. ビジネスの方向性が欠けている場合

明確な事業の方向性が見当たらないため、従業員は仕事への熱意を欠き、貢献度が低くなります。この問題は、従業員が自分の仕事の意味と、彼らの貢献がビジネスに何をもたらすかを知らないためです。長期的には、従業員は退屈し、会社を辞めます。

したがって、企業は従業員に明確なビジネス目標と方向性を見せて、彼らが自分の能力に貢献し、割り当てられた最善の仕事を完了することに興奮するようにする必要があります。

5. ワークフローにはテクノロジーが欠けています

ワークフローが煩雑すぎると、従業員がデータの検索や多くのアーカイブファイルへのアクセスに時間を費やす必要があるため、生産性が低下します。デジタル時代では、すべての従業員は効率を最適化するために、より便利で最新の作業プロセスを望んでいます。

したがって、企業は、すべての活動が継続的に行われるようにプロセスを標準化するために、ERPなどの「オールインワン」管理システムの実装を検討する必要があります。 さらに、取締役会は、作業プロセスに介入することなく、部門からの作業とレポートを表示することもできます。

これらは、規模が拡大している企業の従業員の生産性を低下させる一般的な原因です。作業プロセスに関しては、リーダーはERPシステムを使用してすべての部門の活動を管理し、より良い作業結果をもたらすことを検討する必要があります。