ブログ

企業が知っておくべき採用プロセスの5つの間違い

6月 17, 2021

穴の多い採用プロセスでは優秀な人材を引き付けることはできず、企業イメージにも影響を及ぼします。では、採用プロセスでよくある間違いは何でしょうか? 

1. 大雑把な採用プロセス構築

管理プロセスは、各部門が互いに緊密に連携するために重要な役割を果たします。 特に採用に関しては、ほとんどの事業で単純なプロセスで運営されており、Excelが主なツールとして使用されています。

これはよくある間違いです。採用部門が部門のリクエスト、従業員データを管理したり、候補者のステータスをファローアップしにくいからです。この状態が続くと、企業のイメージに影響を及ぼし、社内の対立を引き起こし、候補者を適切に評価することが難しくなります。

したがって、完全な採用プロセスを構築することにより、問題がどこで発生したかが明確になり、マネージャーは部門の運営構造を知ることができます。

2. 候補者のデータをExcelのみで管理

優れた記録管理

Excel を使用して資料を管理すると、データが失われやすいです。

Excelでのデータ管理は以下のようなリスクがあるため危険です。

–  簡単にデータの削除、編集が行われる

- 更新情報が同期されておらず、利用者が多いため間違えやすい

–  ファイルの検索やレポートの編集に多くの時間を費やす。

また、採用データを全てExcelで管理していると、情報漏えいのリスクが非常に高くなります。 

3. 採用チャネルが十分に組織化されていない

企業の採用チャネル

候補者は面接を受ける前に会社について参考になるため、コミュニケーション チャネル、特に Web サイトは人材を引き付けるために非常に重要な役割を果たします。 ただし、多くの企業は Web サイトに力をいれていません。

これは企業ブランドに影響を与えるだけでなく、人材を引き付ける際にもマイナスポイントになります。

4. 採用ニーズが明確ではない

管理プロセスが整っていない企業では、採用時に取得する情報が不十分であり、候補者の質が保証されません。各部門の仕事内容を理解していない、または部門からの情報伝達が不十分なことが原因と考えられます。この状態では部門に適切ではない候補者が集まってしまいます。

その際、採用部門も専門部門の両方の時間が無駄になります。

5. 別々の作業システムが使われている

最後に、採用プロセスの最大の間違いは、部門が別々のソフトウェアを使用することです。別々のソフトウェアを使用することで部門からの採用リクエストは同じシステム上で更新されず、複雑な手順が実行されます。専門部門が各部門に別のプラットフォームで候補者に関するレポートを提示するのに時間がかかり、採用プロセスの追跡も困難になります。

企業の採用プロセスにおける間違いは、ERPのような部門間の仕事をつなぐ総合的な管理システムが欠如していることです。したがって、これまで説明したような問題が発生している場合、デジタル トランスフォーメーション時代に遅れずに、ERP の導入を検討しましょう。