ブログ

営業スタッフが効果的なKPIを構築するにはどうすればよいですか? (P.1)

7月 7, 2021

指標を使用して業績を示すことは、企業が適切なビジネス戦略を評価、測定、および考案するために非常に重要です。 このパート1では、BEMOは営業スタッフがビジネスを測定するための8つのKPIを紹介し、管理されるの多くのビジネスで適用されています。

1.毎月の売上高の伸び

営業スタッフのkpi

これは、リーダーシップが将来の販売状況を予測できるため、営業部門が適用する必要がある重要な指標です。 あなたのビジネスが四半期報告書を通してのみ売上を獲得するか、それを超えて、タイムリーな意思決定とサポートを行うことが難しく、業績の向上に役立つかどうかを考えてください。

さらに、毎月の売上高の伸びを課すとき、企業は従業員が目標を達成するために一生懸命働くように刺激することができます。

2.利益率

この営業担当者のkpiを使用すると、企業はどの製品が最も高い利益率を持っているかを知り、商品を最適化するための戦略を考案できます。さらに、営業スタッフは利益率に依存して割引を提供し、より柔軟なインセンティブプログラムで顧客を引き付けることができます。

3.注文番号

あなたのビジネスがチェーンストアを所有している場合、これは各ユニットの注文を測定するためのメトリックです。そこから、企業は支店や従業員向けの報酬基準を簡単に作成できます。

これは競争を生み、各支店の従業員が売上を伸ばすために懸命に努力することから、店舗間の売上を促進するための効果的な経営形態と考えられています。

4.1か月あたりの潜在的な顧客

営業スタッフのkpi

この営業スタッフのkpi指標により、営業部門は、潜在的な顧客をサポートして、忠実な顧客になるようにアドバイスする優先戦略を立てることができます。 なぜなら、購入段階では、サポートをしなければ、顧客は去ってしまうからです。

さらに、この指標を適用すると、企業は、注文の成功率が電子メールやメッセージの数と相互作用して、比率をより効率的に高めるための適切なコンサルティング方法を構築する必要があることを知ることができます。

5.目標収益

企業は、営業部門が従業員の生産性を評価するのに役立つため、営業スタッフのkpiでこの指標を無視しないでください。しかし、効果的にするには、企業は四半期および前年の収益を基にして、適切な目標収益を考え出す必要があります。これにより、従業員は効率的に目標を立て、目標を達成するために一生懸命働きます。

6.従業員に命令を課す

注文に営業スタッフのKPIを課すと、企業は営業担当者のパフォーマンスと長所と短所を知ることができます。その時点で、企業は持続可能な売上成長のための適切なポリシーとトレーニング戦略を持つことが出来ます。

しかしながら、目標を達成するために従業員に負担をかけるのは、従業員間の競争を引き起こしやすいので、企業は過度に課すべきではありません。

 7.注文額比率

注文額は、購入した注文に基づいて顧客が支払う必要のある価格を決定する指標でもあります。そこから、従業員は潜在的な注文ごとに数量値を交換して決定できます。

8. 1か月あたりの通話数、メール数

企業は、従業員と顧客とのやり取りを表示できます。 さらに、電子メールや通話の品質が顧客を満足させるかどうかを判断したり、購入プロセス中に顧客のニーズを測定したりすることもできます。

​​上記は、企業が社内で申請する際に検討できる営業スタッフのKPIです。次のセクションでビジネスパフォーマンスを向上させるための主要なビジネス指標については、BEMOにご注目ください。