ブログ

従業員をやる気にさせ、規律を守らせる方法は?

7月 7, 2021

その為には、マネージャーが従業員をやる気にさせるためのリーダーシップスキルと洞察力を持っている必要があります。しかし、事業のモチベーションを高め、規律を確立することは簡単ではありません。 そこでBEMOは、企業が組織内で簡単な動機付けと規律の提案を行うことで、この記事の上記の問題を解決するのに役立ちます。

1. 従業員のやる気を引き出す方法は?

従業員のやる気を引き出す方法は?

従業員が一生懸命働き、仕事に専念するために、企業は社員の仕事をするにおいての動機を持たせる必要があります。したがって、次のことを試してください。

  • 仕事は有意義でなければならない–調査によると、従業員の29%は、仕事は自分の存在価値をもたらすために行う最大の動機であると考えており、25%だけがお金のために、17%は正しく評価される方を選びます。したがって、企業は、従業員が自分の努力に価値があることを認識するために、明確な目標とビジョンを提供する必要があります。
  • 継続的なコミュニケーション–設定された目標を達成するために、企業および部門長は、新しいテクノロジー、新しいプロセス、または改善戦略などの適用方法について、従業員と継続的にコミュニケーションをとる必要があります。それによって従業員は、努力するためにKPIを必要とし、目標を達成するためにどれだけの努力が必要かを示すために毎月評価されます。
  • 明確な職務記述書–従業員が混乱して表面的な作業にならないように、経営陣は特定の職務記述書と、指標や星などの使用など、簡単な統計、比較、評価などで結果を提示する必要があります。
  • 強く責めないでください-作業過程では、従業員が専門部門の間違いを避けるのは難しいので、リーダーは嫌な言葉を使うべきではありません。これは従業員の士気を削ぎます。共感する態度を示し、一緒に解決策を考えます。たとえば、営業担当者が注文を間違えた場合、経営陣は怒ってはいけません。「誰がこの間違いをしたのか」と尋ねる必要はあります。そして「この間違いを今、どのように解決すればよいでしょうか?」と言う必要があります。それから間違いをした従業員に、間違いを修正するための提案をします。
  • 信頼を与える-従業員の自尊心は非常に高く、自分がリーダーであることを知っていれば一生懸命働きます。したがって、上司は、彼らが遂行しようとする新しい挑戦的なプロジェクトを決定する権限を彼ら自身に与えるべきです。しかし、それが期待どおりに成功しない場合も想定して、上司はそれを引き受ける準備をし、怒ってはいけません。従業員がそれらの失敗を通して経験する事を助けるべきです。これは、従業員が熱心に働くように動機付けるための優れた方法です。
  • 業績の表彰–設定された目標を達成した後も、従業員が業績を認められることを望んでいます。したがって、企業は、従業員がもっと頑張ろうとするために、物質的または精神的な報酬を与える必要があります。明確な目標設定および明確な基準を設定することは、これを実行される際に公平になります。
  • チームワークの機会を創出する–メンバー間の結束を築くことは、従業員のやる気を引き出す強力な方法でもあります。なぜなら彼らはタスクを完了するために互いに調整し、助け合う必要があるからです。これは友好的な環境を作り、従業員の能力を刺激します。

2. 規律が機能している必要があります

従業員のやる気を引き出す方法は?

規律に関しては、ビジネスに存在する規律には、強制的な規律と自主的な規律の2種類があります。詳細:

強制的な規律:これは組織からの管理された義務的な規律であり、目的は従業員が効果的に働き、間違いを避けることです。この種の規律では、組織は従業員の活動を綿密に監督する必要がありますが、厳しすぎる規律が課せられると、憎しみ、恨み、辞任の意思の高まりにつながる可能性があります。

自主的な規律:これは、規律の最高の形です。それは組織で働くときの従業員の自己規律であり、リーダーと部下の間の相互信頼に基づいています。このフォームを使用すると、従業員は組織の全体的な目標を達成する責任が高まり、すべてに前向きな精神をもたらすことができます。組織に自主的な規律を確立するために、企業は次のことを行う必要があります。

  • 従業員が簡単に把握できるように、明確で公正かつ現実的なポリシーを用意します。
  • ビジネスの原則と基準は、すべての従業員に保証されなければなりません。
  • 組織は、従業員の過半数が満足していないルールを変更したり、作業に影響を与えたりするために柔軟である必要があります。
  • 組織のメンバーが企業の規則に基づいて間違いを犯した場合の明確な罰。これにより、規制に準拠した企業文化が生まれます。
  • 多くの従業員は応答が遅いため、企業にはビジネスのルールに答えるための専用の部門が必要です。

3. モチベーションと規律の組み合わせはパフォーマンスを向上させる必要がありますか?

企業がこの2つの形式を組み合わせて、従業員の生産性を向上させることができれば素晴らしいと思います。モチベーションは従業員が一生懸命働くための動機で、規律はその熱意を維持する能力です。

企業や経営者がやる気の形だけで、やる気を起こさせる場合の一般的な逆境は、後で生産性を低下させます。その理由は、考え方が緩く、以前の成果を頼りに、新しい成果を得るためにこれ以上努力するべきではないと思わせるからです。

規律についても同じことが言えます。方針に従ってマネージャーが厳しすぎると、従業員は信頼されていないと感じ、努力する意欲が湧きません。

したがって、管理職は、心身のモチベーションを柔軟に組み合わせ、同時に、従業員が目標を達成するために適切かつ効果的に働くことができるように、職場で規律を整える必要があります。

上記は、ビジネスの規律とモチベーションを構築するための簡単な方法であり、経営陣は現在の規模を考慮して検討することができます。この記事が企業の人的資源の問題を解決するのに役立つ知識をもたらすことを願っています。引き続きBEMOをフォローして、より多くの知識を更新してください。