ブログ

ERPシステムが企業に必要な理由

6月 3, 2021

ERPとは「Enterprise Resources Planning」の略で、企業資源計画と訳されますが、

他のソリューションと比べてどのように優れているのでしょうか。

ソフトウェア市場でERPアプリケーションの需要は、持続的に拡大しているのは特別な機能は何ですか。ソフトウェア市場で競争相手と差別化できる特別な機能は何なのでしょうか?この記事では、企業にERP導入が必要な理由を説明します。

1. 運用を改善できる

作業接続を改善する

ご存知の通り、一元化されたデータベースは ERP を独自のものです。

このデータ ソースを使用して、各部門は信頼できる唯一の情報源に取り組むことができます。

これにより、エラーと不要なリスクが大幅に削減されます。また異なる部門やソース間で情報を統合する作業は必要ありません。

2. 生産性の向上

企業の従業員は、専門分野の業務だけではなく、多くの関連部門と連携する必要があります。しかし、各部門が異なるシステムを使用している場合、機器の使用などに置いても各部門が並行して同じ内容を入力する必要があり、無駄な時間がかかります。

したがって、ERP システムは、既存で手動で行っている作業の問題を解決するための最良の選択です。

各部門は、必要なとき、迅速に企業データにアクセスする権限を与えられています。

ERPは部門間を密につなぎ、業務の生産性を高めるシステムです。また、大規模な企業は、社内のさまざまな情報を同じシステム上で管理し、経営戦略を迅速に変更することができます。

3. デジタル作業環境

デジタル作業環境

事業が大きく発展するときは、労働環境を変える必要があります。これにより企業イメージと人材の競争力が高まり、4.0 時代に遅れることなく対応できます。

手動の作業環境と比べて、ERPを実装すると、システムを使用して情報の保存、検索、レポートの作成などを実行する必要があるため、従業員の働き方が変わります。このシステムは、未解決の課題を解決するために、事業を完全にデジタル化するのに役立ちます。

4. 卓越した事業成長

Tăng trưởng kinh doanh vượt bậc

また、ERP は企業の事業を促進するための手段となります。ERPを使用した再構築の典型的な例は、PNJです。PNJはデジタル再構築に成功した組織です。

具体的には、PNJ が 2013年にシステムを導入し、5 年後には売上高190% 増、税引き後利益は 630%増となりました。また、従業員の離職率は年間 1 ~ 3 % まで減少しました。

PNJにもしERPシステムがなかった場合、成功を収めるために何人の従業員を費やす必要があったか予想できますか?

上記の4つの要素から、ERPでのデジタルトランスフォーメーションは、中小企業の収益、リソース、成長において大きな役割を果たします。これが、企業が総合管理にERPを導入する必要がある理由です。また、デジタル時代は急速に変化するため、企業はトレンドについていき、ビジネスと人材を最適化し、顧客を確保して持続的に発展させる必要があることを忘れないでください。