ブログ

ERPが多くの企業に適していないのはなぜですか?

5月 17, 2021

ERPに関しては、多くの企業がこのソリューションが適切かについて疑問をもち、適用するまでに至りません。しかし、その原因がどこから来ているのでしょうか。また、ERPを実装すべきタイミングはいつが適切でしょうか。以下の記事が参考になれば幸いです。

1.ERPシステムの有効性を検証するに時間がかかる

長年にわたって市場でトップを走り、安定したキャッシュフロー管理を行っている事業にとっての優先事項は事業規模の拡大です。運用プロセスの管理は、かなりの人的資源をにより複雑になってしまいます。

bemo erp
ERPが有効かどうか検証するには時間が必要です。

このような管理上の問題を解決するのがERPシステムですが、ほとんどの企業がソフトウェアの即時効果を必要としたときに問題が発生しました。この管理ソフトウェアを効果的に実装するには、関連部門による詳細な計画が必要であり、検証にも時間がかかります。そのため、ERPが企業のニーズを満たすことができないという意見があります。

したがって、企業は、実装時間の計画、合理的な担当者の選択、およびこのERPシステムの投資収益率の計算を支援する専門のコンサルティングパートナーを見つける必要があります。

2.コストに対する懸念がある

確かに、コストはERPに限らずソフトウェア開発全般で懸念される要素です。コストは、次のように分けられます。

  • レーニング費用:従業員が新しいソフトウェア、使用方法を学ぶためのトレーニングコストが必要です。現在、多くの企業はシステムの運用方法のトレーニングに重点を置いていないため、ERPシステムを再トレーニングするために時間を費やし、さらに追加費用を支払うことになります。
  • この料金は最初から認識する必要があります。それで、企業は積極的に予算のバランスを取ることができ、また、今後のトレーニングと運営において企業をサポートする専任の社員を配置することができます。
  • カスタマイズ費用:ERPシステムに実装する必要のある機能を理解していない場合、運用後に追加コストが必要になることがあります。これを避けるために、各部門のプロセスから要件を明確にすることが必要です。
  • プロジェクト担当者の費用:ERPデジタルトランスフォーメーションにおいて、プロジェクトを担当する人材を集めるためのコストは少なくなく、成功も失敗もこの要因に依存します。
  • プロジェクト参加のために担当者は既存の業務を減らすだけでなく、業務を引き継ぐ人材を見つける必要があるためです。

上記はERP実装が適していないと考えられてしまう原因となる3つのコストです。したがって展開時にはコストについて慎重に検討する必要があります。

3.変化することへの恐れがデジタル変革を妨げている

erp
変化への恐れは、デジタル変革に影響を与えます。

既存のアプリケーション慣れている企業の場合、従業員は変化を受け入れるのが難しいと感じるでしょう。ゼロから学び始めなければならないので、作業負荷は増加します。 さらに、編集や作業の管理が難しくなるかもしれないという恐れは、従業員の抵抗につながります。

その上、ほとんどの場合、管理者は直接ERP実装の利点を感じることはできません。これは、多くの企業に共通する心理です。 ERPは、企業全体管理の有効性を証明し、リスクを軽減し、運用コストを最適化し、労働生産性を向上させるために長い時間を必要とします..

4.総合管理ERPを実装すべきタイミング

中規模および大規模の企業の場合、ERPの実装は、次の兆候が見られる場合は、早期に、適切なタイミングで検討する必要があります。

  • 非同期データストレージ:各部門が別々のソフトウェアを使用している場合、各ステージの同期ができません。したがって、管理作業はより困難であり、ERPの実装を検討する必要があります。
  • データへのアクセスと使用が難しい:各部門は情報を個別に保存している場合、部門間で互いのデータへアクセスすることが難しいです。正しい情報が何であるかわからないため、必要なときにデータを取得するのに苦労しています。また、情報のセキュリティは各部門が単独で責任を負うため保証できません。また、技術的な専門知識が不足して要る場合、外部情報に対して非常に脆弱です。
  • 社内状況の全体的な分析の欠如:共通のシステムがない場合、部門からのレポートは分離され、管理者が個別のレポートでビジネスの変動の総合を把握することは困難です。長期的には、作業プロセスが散発され、投資資金の要求や、事業規模の拡大は難しくなります。

ERP導入を諦めてしまう要因はたくさんありますが、実装を慎重に検討する必要があります。さらに、実装の目的と、ERPの対価を得られる時期を明確に推測する必要があります。

最後に、ビジネス管理プロセスがより複雑になったら、ERPの導入を検討する時期です。専門的なアドバイスやサービスサポートについてはBEMOにお問い合わせください。