ブログ

ERPシステムはハッキングに対して脆弱なのか?

6月 3, 2021

ERPなどの管理システムが攻撃された場合の影響は非常に大きく、ビジネスデータや顧客情報が簡単に盗まれる可能性があります。多くの企業はそれを懸念して、ERPの実装を決定できません。以下の記事で、ERP管理システム全体のセキュリティについて学びましょう。

1. ERPシステムは簡単に攻撃されてしまうのか?

erp攻撃

コストの問題は別として、ERPを投入する際の懸念は、システムのセキュリティです。世界的に大企業でも管理システムへの攻撃の事例が多発しており、事業運営に深刻な影響を及ぼしています。

これは、管理システムが厳密に管理されていないベトナム企業にとってはより深刻な問題です。では、システムが簡単に攻撃されてしまう原因は何でしょうか。

ハッカーがERPシステムを攻撃する機会を生み出す主な理由は次のとおりです。

  • 会社の機密データが適切に管理されていない:これが、内部システム情報が漏洩する最初の原因です。昨今、企業の主観によって、運用担当チームには最初から特定の権限が割り当てられていないことがあります。
  • システムが新しいバージョンに更新されていない:これが、セキュリティ不足の1つの理由です。通常、ソフトウェアの新しいバージョンは、過去のバグを修正し、ハッカーの攻撃からシステムを保護するための対策を備えてリリースされます。しかし、企業がサプライヤーからアップグレードされたバージョンを定期的に更新しないと、外部から簡単に攻撃できる脆弱性が生じます。
  • システムセキュリティのとレーニング不足:スタッフがセキュリティにおける専門知識を持っていないことも情報が盗まれる原因のひとつです。従業員が500人以上の大企業は管理も難しくなります。アクセスパスワード、フィッシング詐欺、外部でのソフトウェアの使用、連絡先の取り扱いなど、社員に対して適切にトレーニングする必要があります。

これらは、ERPシステムを実装する際におさえておきたい、問題を引き起こす3つの一般的な理由です。

ハッカーからの攻撃を回避するために、管理システムは何を保証する必要があるのでしょうか?

2. ERPシステムを保護するために何をする必要があるのか?

ERPの安全性保証

デジタルトランスフォーメーションの時代において、セキュリティ対策は不可欠です。そのためには、企業は次のことを行う必要があります。

  • 継続的な技術アップデートー企業のデジタルトランスフォーメーション運用環境で必須の機能は、時代遅れにならないように最新のテクノロジーを把握することです。古いテクノロジーを使用するとハッカーによる攻撃を受けやすくなります。新しいバージョンの方が技術的に安全です。
  • 強固なERP管理プロセスを構築する– ERPはワークプロセスをより緊密に接続でき、関連情報を迅速に共有します。そのため、情報セキュリティも大幅に向上し、事業活動が途切れたり、攻撃を受けたりすることがなくなります。したがって、企業は、ERPを実装する前に、部門間で組織化され、密接にリンクされた作業プロセスを考え出し、専門家と話し合って合意する必要があります。
  • 長期的なパートナーを探す– ERPシステムを構築する際には、信頼できるパートナーが必要になります。パートナーはコンサルティングを担当し、企業とともにプロセスを考案し、従業員をトレーニングし、デジタルトランスフォーメーションプロセスで完璧なセキュリティシステムを構築するためです。

以上が、ERPシステムを展開する際に注意すべき問題です。ただし、企業がプロセス、トレーニング、およびBEMOのような信頼できるパートナーを見つけ、各ステップで適切な対応をすることで、すべてを解決できます。

経営管理システムのスムーズな運用、クラウドコンピューティングによる最高のセキュリティ、SSL、帯域幅保護を確保し、システムが攻撃されない最高のセキュリティを確保します。