ブログ

企業はいつERPを導入するべきか

6月 8, 2021

企業内でERPをはじめとするトランスフォーメーションの実行は多くの要因により依然として困難です。ERPが競合他社と比べて、ビジネスを成長させるための手段であることは知られていますが、導入するのにベストなタイミングはいつでしょうか?導入すべきケースを見ていきましょう。

1. 企業はいつERPを導入するべきか

企業はERPを適用する必要があります

1.1 データに整合性がなく、処理に時間がかかる場合

経理、人事、営業など、部門ごとに異なる管理ソフトウェアを使用しているため、データに不整合が生じます。したがって、全体としてのデータやレポートが必要なとき、各部門は互いに連絡して統合するのに時間がかかります。

また、部門別のソフトウェアを統合するコストも少なくありません。情報を管理するために部門間で重複する作業が生まれます。

1.2 従業員の管理・評価が困難な場合

仕事のパフォーマンスの管理と評価は、リソースの投資に対する収益率を測定するために非常に重要です。 管理と評価の段階が細分化されているため、ほとんどの企業はこの作業を最適化できていません。

一般に、企業は紙の文書、またはExcel、Wordなどのオフィスソフトウェアなど、さまざまな質問と結果を経由して、仕事のパフォーマンス、社員を評価します。

このプロセスは労力がかかる上に、透過的ではありません。また、評価が明確な統計データに基づいていないという問題もあります。

1.3 データの正確性に不安がある場合

レポートには、ビジネスの変動性と、達成された目標結果が示されます。ただし、ほとんどの部門では、分析と実装に手作業を使用しています。

これにより、レポートは信頼性が低く、管理者が概要を把握することが困難になります。

レポートの質が良くないと、経営者が適切な事業戦略や経営戦略を判断することが難しくなり、大きな影響を及ぼします。

1.4 レポートを見ても瞬時に判断することができない場合

経営レポートの分析にはどのくらい時間がかかりますか。

通常、手動で作業する場合、部門からのレポートを読んだり、要約したりするのは非常に時間をかかります。

各部門が独自の方法でレポートを更新するため、何か問題が発生したときに管理者がすぐに重要な決定を下すことができないからです。

1.5 企業を持続的に発展させたい場合

なぜ多国籍企業や大企業は ERP を経営に活かし、持続的発展に成功したのでしょうか?これは、ERP が総合管理ソ​​リューションであり、運用段階が厳密で相互に制御されていることを証明しています。

規模が大幅に拡大したり、これまで述べた理由で頭を悩ませたりする必要がなくなるります。 ERP はそのお手伝いをします。

2. どのようにERPを実装するのか

erpの合理的な実装

ERP実装が決定したら何から始めればいいのか

まず、ERP の実装に十分な実務経験を持つコンサルタントを見つける必要があります。実装チームは、企業のポリシー、変革プロセス、会計、人事、研修について知識があり、ビジネス ニーズを熟知している必要があります。これは、ERP プロジェクトの成功の50%を占めています。

次に、見積もり予算を立て、パートナーとプロジェクトを継続的に実施することを約束する必要があります。ERPで経済的な成功を収めるには時間とコストが必要です。

経営に関する多くの問題がビジネス状況に影響を与えている場合は、ERP ソリューションを検討して下さい。まず、BEMOパートナーを通じて各モジュールを体験してみましょう。きっと実装に関するヒントが得られます。