ブログ

従業員を遅刻させない良い方法

7月 9, 2021

ほとんどの企業は、何の理由であれ遅刻が多い従業員に同情せず、この行動は組織に重大な影響を及ぼします。 BEMOで、従業員の遅刻の問題をより深く掘り下げ、この状況を改善するための優れた方法を探りましょう。

1. 従業員の遅刻の理由

スタッフが遅れている

従業員が遅刻する時、何千もの言い訳をします。しかし、遅刻が「慢性的」になるとそれは嘘になります。根本的な原因は次のとおりです。

  • 時間の管理方法がわからない-従業員が時間の管理方法を知らない場合と、意図的にする場合の2つのケースがあります。仕事は、従業員が自宅から職場までの時間を管理する必要があり、その間に車の故障やガソリン切れなどの問題が発生する可能性があります。ある研究によると、遅れる従業員は通常1分を77秒と見なし、逆に、常に時間どおりに行動している人は58秒または1分と見なします。要するに、彼らは時間の価値を評価しません。
  • 責任の欠如–常に遅れて来る従業員は、自分の仕事だけでなく、自分の生活においても無責任であることがよくあります。これは環境の影響を受ける可能性があり、遅刻は彼らの潜在意識に深く根付いているため、ルールは意味をなしません。責任ある従業員は、同じ間違いを犯し続けるのではなく、最初の間違いを修正して二度と起こらないようにする方法を見つけることを知っています。
  • 経営陣が模範を示していません–経営陣が遅れると、従業員も同じようになり、組織内で修正するのが難しい習慣を不注意に作成する可能性があります。上司も規則に従うことさえできないので、彼らの過ちは罰せられません。したがって、直属の上司は、会社の方針を遵守するための従業員の行動において非常に重要な役割を果たします。
  • 時間厳守の文化の欠如-チームが仕事に遅れた場合、誰が時間通りに到着するか想像してみてください。これは、従業員に「なぜ時間通りでなければならない」という精神を生み出し、長期的には従業員の遅刻を促進します。この責任は、会社の方針、無責任なリーダーシップに起因する必要があります。
  • 表面的な罰の方針–従業員が時間通りにすることを要求する通知方針がありますが、それは実際の状況には適用されません。またはペナルティーがあるにもかかわらず、、従業員がまだ遅れている場合は、ポリシーを確認する必要があります。長い間、彼らは会社を「サルを怖がらせるために木を振る」と見なし、改善しないからです。

これらの主な理由は、専門部門が内部業務をレビューし、タイムリーに調整するためです。

2.​​​​​​​​「シニア」に遅れることはビジネスに影響を与えますか?

もちろん、遅刻した従業員の数が増えると、ビジネスはさまざまな影響を受けます。その結果は次のとおりです。

  • 生産性が低い

従業員が遅れると、仕事の進行が遅れます。また遅刻を補わないと時間に間に合わない為、仕事の質を低下させます。​​

また、遅刻はチームの作業効率にも影響します。特に、次の段階が中断されないように作業項目を完了する必要がある場合。代わりに、他の人は、遅れた従業員が終了するのを待って仕事をします。これはチームメイトの心理に影響を及ぼし、仕事の結果を悪化させます。

  • 潜在的な顧客を失う可能性があります:

特にサービスビジネス。潜在的な顧客との約束で、あなたの従業員が遅刻して行くと想像してください。これはビジネスのブランドイメージを損ないますか?顧客はあなたの会社にとって重要なプロジェクトを信頼しますか?

  • 内部の結束の欠如:

遅刻するとワークフローが中断されるため、これがグループの仕事の質にさえ影響を与えます。模範的な従業員がイライラすることを認めなければなりません。さらに、大企業では、給与の削減やボーナスの称号など、従業員が遅刻が多い場合、チームの同僚が責任を負わなければなりません。これがメンバー間の対立の原因になります。

  • 企業文化の影響:

「彼らはそれができます、私はそれができます」、遅刻の影響は広がり、他の同僚は規律がなければその悪い習慣を学んでしまいます。そのため、時間通りのビジネス文化も下り坂になります。

遅刻による大きな影響は、長期的にはマネジメントシステムを壊す事になるだけでなく、従業員が無秩序で無責任になることです。

3. 従業員を遅刻させないための優れた方法

仕事に遅れる従業員を管理する方法

従業員の行動を修正することは、効率を実現するために部門から行う緊急の必要性であり、次のように軽いものから重いものまで多くのフォームを柔軟に適用できます。

  • 警告1-1:週に1〜2回遅れる場合、経営者は従業員に理由を説明する機会を与える必要があります。個別に話し、遅延を修正します。部下が直属の上司の会議に遅れたと報告した場合、欠席した従業員の仕事を柔軟に調整し、分割する必要があります。
  • 取り扱いと懲戒:月に何度も遅刻する場合は、会社の規制が表面的ではなく厳格であることを示す必要があるため、文書を使用することは非常に合理的です。スタッフはまた、彼らの行動が深刻なレベルにあり、改善する必要があることに気付きます。警告書、規律に添付され、企業はスマートな計時システムを備えている必要があり、従業員は将来、規制をより遵守するようになります。
  • 制裁の最終レベルは解雇です。企業が以前に他の懲戒処分を適用しても、従業員がまだ改善するための善意を持っておらず、より頻繁に遅刻する場合や、またはその遅刻がチームに悪影響をもたらす場合です。ただし、会社はそれを適用するためには、適切に準備され、現在の労働法に基づく懲戒処分の条件を満たしていることを確認する必要があります。

同時に、専門部門は、従業員が規制を遵守するために努力するように、勤勉に報いるための方針を策定する必要があります。

才能のあるマネージャーは、形式的で厳格ではなく、規律にのみ焦点を当てた管理方法を構築しています。情熱の欠如、漠然とした目標、または不明確なキャリアパスがある場合、従業員は一生懸命働きません。もしそう感じたなら、彼らはただ出勤するためにオフィスに来ます、そしてそれは彼らが出勤しなかった場合よりも長期的にはより多くの悪影響を及ぼします。

最も規律のある環境は、すべての従業員が自己規律を持っている場合であることを認識する必要があります。では、モチベーションを生み出す方法と、規律を効果的に適用する方法は?今後のアップデートについては、引き続きBEMOをフォローしてください。