ブログ

ベトナムの企業のERPを実施する際の失敗の理由

5月 14, 2021

ERPの実装が失敗する理由はたくさんあります。たとえば、コストが高すぎて、実装後に効果が見られないなどです。しかし、これらはERPによるデジタルトランスフォーメーションが失敗する主な理由ではありません。主な理由を以下の記事にまとめています。

中規模以上の企業の場合、管理者はERPのような専門的なシステムを構築したいと思っていますが、ほとんどの企業は以下のように間違いを犯しています。

1. 実装時に目的が明確でない

不明確な目標がビジネスの失敗の原因です-出典:Linkedin

規模を拡大したい企業のERP導入には、明確なガバナンスの方向性がなく、ERPシステムを適用する際の価値や課題を十分に理解するための時間が取れないというのが実情です。

さらに、企業が抱えるERP導入時のトラブルには次のようなものがあります。

  • 各部門が明確なプロセスを考えることができず、緩い管理体制になってしまいます。そのため、提案段階からリーダーや導入パートナーまで、標準化されたシステムを満たすことができず、失敗率が高まります。
  • 企業は、パートナーが正確にアドバイスできるように、人事、部門、組織構造…から将来の開発計画を特定できません。

システムを管理に適用する際の価値観や測定尺度を十分に理解するために時間をかけていません。さらに、企業がよく遭遇するERP導入時のトラブルには、以下のものがあります。

  • 各部門が明確なプロセスを計画できないと、ゆるやかで曖昧な管理体制になってしまいます。提案段階からリーダーや導入パートナーに至るまで、標準化されたシステムを満たすことができません。
  • 企業は、パートナーが適切なアドバイスを受けられるように、人事、部門、組織構造などから将来の開発計画を特定することができません。

加えて、社内での一貫性の欠如は、マネージャーが彼らのビジネスを管理するためにERPを使用したいが、従業員はシステムの複雑さに耐えられないといった大きな失敗の原因となります。 その結果、経営者はデジタル・トランスフォーメーションのアイデアをあきらめてしまうことがあります。

確かに、この移行により、従業員は仕事の習慣が変わることで違和感を覚えるでしょう。同時に、ERPはすべての部門が参加する標準化されたプロセスがあって初めて効果を発揮するものであり、エラーがあったときのコントロールや修正の難しさも従業員の不満の原因となっています。

2. 厳格な管理の欠如

ほとんどすべてのERP開発プロジェクトにおいて、部門長や従業員など、企業の経営陣が常にコミットしています。企業には、ERP ソリューション・プロバイダーとの調整を行う専門チームを持っておらず、ビジネスを代表して ERP の運用を後からサポートできるような人材がいないためです。

具体的には、導入段階で、経営陣がシステムの仕組みを理解することに直接関与していなかったり、すべてのプロセスを管理できるだけの人材がいなかったりします。これらは、企業全体にとって多くの時間を必要とし、継続して導入する際に多くのリソースが無駄になる可能性があります。

ですから、ERPプロジェクトを成功させるためには、企業のリソースにタスクを割り当て、綿密なモニタリングを行う必要があります。そうすれば、コミュニケーションプロセスやワークフローがスムーズに機能するようになります。

3. 開発チームの専門知識不足

商品を購入したものの、期待通りの品質ではなかったという経験はありませんか?

ERPの導入でも同じことが言えます。プロジェクトの成功率が50%以上を占めるため、適切な導入パートナーを選ぶことが実質的に重要です。

それぞれのERPプロジェクトにおいて、パートナーの重要な役割は、分析、評価、ビジネス構造の理解、そして導入プロセスの各段階の計画です。もちろん、プロのチームと協力するためのコストは、プロフィールや導入経験などを考慮すると決して安いものではありませんが、その代わり、コストに見合った成果を得ることができます。そしてBEMOは、プロジェクトを成功させるために、専門家チームが詳細なアドバイスをしてくれるので、協力するには最適な選択肢です。

4.コミュニケーションとつながりの欠如

ERP を構築する際には、導入チームと企業のプロジェクトチームとの間の調整が非常に重要です。想像してみてください。プロジェクトでは、実装チームから一方的に情報が入ってくるだけで、内部プロセスの革新や発生したポリシーを把握できず、不完全なものになりやすいのです。

したがって、 ERP を導入しようとする企業は、 導入の専門家と継続的に連絡を取り合い、 イノベーションを速やかに更新する必要があります。そこから先は、ERP システムの構築プロセスがより簡単になり、成功することになります。

5. ERPプロセスが明確に定義されていない

ERP導入の成功と失敗の境界線は、企業が紙からデジタル技術への変換プロセスに一貫性を持たせることでしょうか。なぜなら、プロジェクトが開始された場合、企業は初期のものと比較して、プロセスにあまりにも多くの修正を加えたいと考えており、導入チームの人的資源、時間、困難などのコストの増加につながるからです。

また、業務プロセスの変更が多すぎると、複雑さが増し、ERPソリューションが有効に機能しなくなる可能性もあります。

6.プロジェクト予算計画なし

高級車を買いたくても、お金を用意していなければ、それは不可能になります。つまり、ERPシステムの構築を開始する前に、管理者は、ビジネスニーズに基づいて、予算を持っている必要があります。同時に、これは実装の専門家は、より良いコンサルティングを提供する財務計画を作成し、最も正確なプロジェクトの完了時間を予測するのに役立ちます。

具体的な予算がない場合、企業は時間をかけて、導入に伴うパートナーとの連絡や話し合いによってコストを計算し、見積を作成する必要があります。

以上、企業が検討すべきERP導入時に失敗しやすいと思われる6つの理由をご紹介しました。

ERPが私たちのビジネスにもたらす利益について考え、最も最適なソリューションを決定できるよう、この記事が皆様のお役に立つことを願っています。

また、BEMOのページをフォローして新しい記事をご覧ください。また、アドバイスが必要な場合は、こちらからお問い合わせください。