ブログ

企業文化の構築は本当に必要ですか?

7月 7, 2021

多くの企業は、企業文化を構築することの価値をまだ完全には理解しておらず、多くのメリットを無視しています。 したがって、この記事は、企業が企業文化についてより深く理解し、持続可能な文化を構築することが重要である理由を説明します。

1.企業文化とは何ですか?

企業文化の概念に関しては、Googleの結果ページで何百もの異なる説明を見つけることができます。 なぜなら、それぞれの企業文化は異なり、リーダーシップやオーナーの視点によるからです。

企業文化

すべての企業が持つ必要のある企業文化のコアバリュー、基本的理念には、すべての社内従業員の信念、態度、認識、考え方が含まれます。企業が市場の競合他社とは異なる企業文化を生み出すのはこの為です。

企業が社内文化を上手に構築できれば、多くの才能ある人々が企業に貢献するようになります。なぜなら彼らは企業との協力に参加するときに大きな価値を見出しているからです。したがって、ベトナムの企業は企業文化を構築する際に、次の3つの価値観を考慮する必要があります。

  • 誠実さ-これは職場での不正行為を防ぎ、規制を厳密に遵守し、適切な公共財産をトリックに使用しないことを保証します。
  • 自己規律–これは従業員が積極的に働き、提示された結果に責任を持ち、企業の利益に貢献するように動機付ける価値です。
  • 正しい態度-言葉は謙虚で、適切に人々とコミュニケーションをとる必要があります。

さらに、企業は創造性、連帯、理解の文化を構築することもできます。それは.従業員がより多くの価値を達成するのを助けます。

2.なぜ企業文化を構築する必要があるのですか?

組織文化を構築する

企業文化は企業の成功を左右する要因の一つであり、異なるブランドを生み出す無形資産であると言えます。したがって、企業文化を構築すると、次の良いことがもたらされます。

  • 従業員の愛社精神を育てる–企業が堅実で明確な企業文化を持っている場合、誰もが一貫した職場環境、相互尊重の同僚、公営企業が平等で透明性のある作業プロセスを体験、実感するので、従業員は喜んで貢献します。したがって、彼らは忠実であり、仕事のホッピングを制限し、コストを最適化するのに役立ちます。
  • 対立を軽減する–企業文化は従業員間の対立を軽減します。これは、会社には標準的な行動、統一された働き方があり、各人の意見ではなく、お互いをサポートしているためです。
  • 作業効率の向上–従業員が明確な方向性、明確な作業目標、同僚間の良好な関係を理解することは作業に熱心になり、生産性が向上します。
  • 才能を引き付けることの利点–企業文化を構築することの利点は、優れたポリシー、高い規律、および明確な開発ロードマップです。これらは、多くの人材が参加し、ビジネスにエネルギーを提供する要因になります。
  • 持続可能な開発-企業文化は、企業は不適切な人材を排除し、ビジネスは同じ開発志向を共有する人材に置き換えるのに役立ちます。これにより、ビジネスに安定性、愛着、長期的な発展がもたらされます。

適切な文化があれば、完璧なカスタマーサービス、永続的なブランディング、熱心な従業員、忠実な顧客など、企業の成長に必要なほとんどのものを自然に手に入れることができると私たちは信じています。この時点で、文化はあなたの会社のブランドになります。文化を構築する方法に興味がある場合は、ここで見つけることができます。

上記のメリットがあるため、持続可能な開発にすべての従業員を結び付け、価値を創造し、信頼するために、企業文化が本当に重要です。 また、デジタルトランスフォーメーションとERPを組み合わせると、企業は市場で競争するための強い手段を手に入れることができ、管理も容易になります。 最も競争力のあるコストでERPを実行および体験するためのアドバイスについては、BEMOにお問い合わせください。