ブログ

持続可能な企業文化を構築する方法

7月 7, 2021

企業文化は無形資産であり、企業の社員間で根付いた文化は多くの価値をもたらします。文化、ビジョン、コアバリュー、持続可能な開発のために戦略のないビジネスは、この多様に変化する経済の中で生き残ることはできません。

企業文化の時代は、ビジネスのリーダーの人生よりも長くなる可能性があります。私たちは、1世紀以上にわたって存在し、絶えず変化、発展し、社会に良い価値をもたらしてきた多くのビジネスで結果を見ることができます。それは、最初からしっかりと構築され、真剣に受け止められてい企業文化です。

しかし、企業文化を構築するには、多くの要素と長いプロセスが必要です。したがって、この記事では、BEMOを使用して、企業文化を構成する要素と、基本的な企業文化を構築するための手順をより明確に理解することができます。

1. 企業文化の要素

企業文化を構築するためのステップ

持続可能な企業文化を構築するときは、次のコア要素を採用する必要があります。

  • ビジョン:ビジョンは、リーダーがビジネスを構築する前に設定し、それを実践する方向性とビジネス開発の目標です。ビジョンは、すべての事業活動のガイドラインと見なされ、従業員が従うように方向付け、良い成績を促進し、常に発展します。ビジョンは、各ビジネスの実際の状況に適していて実行可能でなければなりません。
  • コアバリュー:企業独自のものであり、企業のビジョンを追求するために、顧客または従業員が認識できるように、コアバリュー、独自の異なる性質を持っている必要があります。これは、企業が設定した目標に関連するすべての活動の標準的な基準になります。
  • :戦略とコアバリューを共有し、目標を推進する為に働く人材は常に最も重要な問題です。人がいなければ、文化は生まれませんし、企業文化も生まれません。堅実なチームは、組織の全体的な方向性に適応するため、持続可能な企業文化を生み出します。企業はそれによって、コストを節約できる為、適切な人材を採用することが出来、大きなメリットがもたされます。企業文化にふさわしい候補者を見つけるとき、従業員の忠誠心と献身的な気持ちもまた重要です。それは社員にこれまでにない新しい価値をもたらし、企業文化をさらに完成させます。
  • 企業の規制/規則:一般的なポリシーと規制は企業の文化的特徴であると見なされ、組織のメンバーは共通の価値観を順守する必要があります。企業全体が共通のルールに従うとき、それは効果的な管理が証明され、一貫性のあるわかりやすい作業環境が作成されます。
  • 文化の多様性:人材はさまざまな地域から来ており、これが企業文化に違いをもたらします。彼らはお互いをよりよく理解するために地域の価値観を交換して学ぶ必要があります。これはお互いを学び、サポートする文化を生み出します。そしてこれは、企業が最も適切な企業文化を形成するための重要な要素でもあります。
  • テクノロジー:ビジネスがデジタル化されると、プロフェッショナルで統一されたモダンな作業環境が生まれます。これはまた、円滑な労働環境への貢献であり、多くの才能ある人々を引き付けて彼らの能力を伸ばします。

以上が企業風土に大きく影響し、長期的なマネジメントシステムの構築に貢献する要因です。しかし、どのようにして企業文化の構築を開始するのでしょうか。以下を読み続けてください。

2. 中小企業のための持続可能な企業文化を構築する方法

持続可能な企業文化の構築

企業で企業文化を構築するには、企業は次の6つのステップを検討する必要があります。

ステップ1:現在の組織の評価を確認する

まず、企業は現在の文化の質を評価する必要がありますが、これは簡単なことではありません。文化は無形の価値であるため、企業は従業員を観察または調査することしかできません。したがって、会社に次の兆候がある場合は、すぐに文化を変える時が来ました。

  • 欠員を継続的に採用する場合:欠員が継続的に生じると言うことは、従業員が不信感を感じたり、管理が不十分であることを感じさせます。そのことは従業員の心理に影響を与えるため、会社の文化に問題があることを示しています。
  • 管理レベルの悪さ:これは、会社で企業文化を構築する際に改善が必要な要因であると言われています。なぜなら、彼らは仕事に遅れたり、規律を守らないなど、従業員に悪い習慣を生み出すからです…
  • 社内コミュニケーションの欠如は、従業員の結束力が不足し、部門がうまく機能していないことを示し、文化を変える必要があることを示しています。コミュニケーションの欠如は、従業員がお互いを理解する、アイデアを交換するときに簡単に対立につながります。
  • 従業員の意見の欠如は、企業が多くのポリシーと作業プロセスを改善するために、従業員が意見交換したり、共有したりするための条件を作成していないことを示しています。これは非創造的で抑圧的な職場環境です。

そしてこの事は、企業文化を構築する前に企業が決定する必要がある他の多くの客観的要因がある事を示しています。

ステップ2:企業文化のためのユニークなアイデア

一般的な文化に影響を与える毒性要因が特定されたら、企業は変更基準を定義する必要があります。したがって、企業は、次のような内部文化と優先度の基準についてのアイデアを持っている必要があります:

  • 会社への関心のレベル:60%
  • ビジネス目標:10%
  • レーニング:6%
  • 快適さ:3%
  • 効率:90%

このような優先順位付けを行うことで、企業は最初に重要な文化的要素をより簡単に構築し、コアバリューをより迅速に改善できます。

ステップ3:コアバリューを選択する

持続可能で一貫性のある企業文化を持ちたいのであれば、簡単な言葉をいくつか与えるのではなく、ビジネスにコアバリューを持たせる必要があります。したがって、企業は独自の価値を見つけるために質問をする必要があります。

  • 使命、ビジョン、目標は何ですか?
  • ビジネスはどのような要素で知られていますか?
  • ビジネス目標は従業員の全体と一致していますか?
  • 企業独自の文化は何ですか?たとえば、専門的な作業環境、認められた従業員の業績、優れた従業員トレーニング、最高の顧客サービスなど。

これらのコアバリューに基づいて、従業員をより簡単に雇用または解雇することができます。これはあなたの会社が会社の文化に深く共感している人々を選ぶのを助けます。これにより、マーケティング部門や顧客関係部門だけでなく、すべての従業員が「ブランドアンバサダー」になることができます。従業員自身が社内外の親善大使になることができます。

ステップ4:明確な文化の構築を計画する

変革計画、文化の構築は非常に必要です。そうしないと、アイデアが永遠に紙に残るからです。したがって、このステップでは、リーダーシップを発揮して、ビジョンを設定し、従業員が企業価値を信じるように動機付け、企業文化を一緒に構築する必要があります。

成功する企業文化は、リーダーシップレベルに大きく依存します。リーダーシップレベルは、従業員が目標を達成するための原動力であるためです。特定の結果をもたらす実践的な行動ほど従業員を納得させるものはありません。適切な文化があれば、強力なブランドを含むすべてのものを手に入れることができます。

ステップ5:実際の実践

すべてが整ったら、企業は次の要素を備えた文化を構築する計画を行動に移す時が来ました。

  • プロジェクトに参加しているチーム–どの部門が参加し、最初の重要な要素を実践するか。そこから、企業は参加リソースの時間と作業負荷を計算できます。
  • 企業文化の伝達–これは、従業員が現在の文化を変えることの重要性を理解し、企業が従業員の成長をサポートする文化的メッセージを伝え、彼らが突破する動機を与えるリーダーでなければならないことを理解するのに役立ちます。
  • インテリアデザイン、オープンスペースを変更します-これにより、新しい作業環境が作成され、従業員がイノベーションに取り組むようになります。これにより、従業員は企業が本当に変化していると信じることができ、自分自身も変化するでしょう。
  • 新しい人材の採用–新しい文化を構築するにはリソースが必要であり、可能であれば、担当の人材をさらに採用します。彼らは外部から新しいアイデアを提供することができるので、ベテランの従業員とチームを組むことは途方もない価値を生み出します。
  • 適切な報酬システムを構築する–新しい報酬モデルを再設計することは、従業員が新しい文化に適応するために一生懸命働く動機になります。それは付随する基準とともに新しい福利厚生が確立されると、従業員はその福利厚生を達成するために行動を自己調整するためです。これは、従業員が企業文化にうまく溶け込むのに役立つツールです。

ステップ6:結果を評価する

組織に新しい企業文化を実践したら、時間の経過とともに結果を測定する必要があります。具体的には、企業は次の方法で測定できます。

  • 従業員満足度調査を実施して、企業文化を変える過程で何が完璧ではないかを把握します。専門部門は、電子メール調査を使用して情報をより簡単に収集し、そこからグループに分けて分析することができます。
  • さらに、企業は従業員離職指数(ETR)、従業員エンゲージメント指数(eNPS)、従業員満足度指数(ESI)を適用できます。これらの3つの指標により、リーダーは企業文化がどこにボトルネックを抱えているかを知ることができ、そこからタイムリーな調整計画を立てることができます。

そのため、この記事では、企業文化に影響を与える要因の概要と、企業文化を構築するための6つの基本的な手順について説明しました。うまくいけば、BEMOは、企業が抱えている困難な管理上の問題を解決し、より広い視野を持つのに役立つことを願っています