ブログ

仕事を従業員に割り当てる技術はどれほど効果的ですか?

7月 9, 2021

仕事を従業員に割り当てることは芸術であり、ビジネスの成長を促進する要因の1つです。 しかし、すべてのレベルの管理者が適切な人材を配置できるわけではなく、それがパフォーマンスの低下につながります。 この記事は、マネージャーがそれに応じて、従業員に仕事を効果的に適切に割り当てる方法を知るのに役立ちます。

1. 管理職から従業員に仕事を割り当てる際の間違い

従業員に仕事を割り当てる

マネージャーの役​​割で立つとき、従業員を指導するための多くのスキルを持っている必要があります。しかし、多くのマネージャーは、仕事を部下に委任してパフォーマンスを劇的に低下させるという間違いを犯しています。理由は次のとおりです。

  • 上司は自分であまりにも多くの仕事を抱えている

これは、マネージャーがすべてを「把握」する能力に自信がありすぎる場合によく見られます。これは、マネージャーが全体的な見方を欠いており、部下を信頼していないことを証明しています。またこれにより、上司は従業員と実際の仕事のやり取りがないために、実際の状況がわからない従業員との間にギャップが生じます。

  • 長期の従業員にのみ仕事を割り当てる-経験豊富な従業員に仕事を割り当てる戦術は間違っていません。それは彼らは仕事をより速くそして大幅に解決できるからです。しかし、新入社員が才能を発揮できないのはこの彼らの行為であり、リソースを浪費しています。長年の従業員が会社を辞めないようにすることを出来るのは誰がですか?そして新入社員がその仕事を経験する機会が少ないために、彼らは時間内に交代するが出来ません。
  • 従業員に仕事を割り当てる能力が低い–マネージャーの誤りは、相応しくない人を適切でない仕事に割り当てることです。ほとんどの原因は能力の低い上司が、従業員の能力を超えているか、不明確な指示を与えます。…

​​​​​​2. 従業員に効果的に仕事を割り当てる技術

従業員に仕事を割り当てる方法は?

作業出力への影響を回避するために、マネージャーは従業員に仕事を割り当てる次の方法を参考にする必要があります。

  • 適切な能力への仕事の割り当て–才能のあるマネージャーとして、適切な仕事を割り当てる事は現在の従業員の能力を理解し、彼らが彼らの強みとなるのを助ける必要があります。そのような仕事を割り当てるとき、彼らは自分が企業に貢献する事を実感するので、従業員はより長く在籍するでしょう。
  •  明確な仕事、最終期限の決定-従業員に尊敬してもらいたいマネージャーは、仕事を明確に、特定の時間に分割する方法を知っている必要があります。​​​​​​彼らは経営陣が科学的に組織され、働くスキルを持っていることがわかるので、これは従業員がより生産的に働くように動機付けます。さらに、経営陣は、結果を確実にするために、従業員が割り当てられた作業を完全に理解していることを積極的に確認する必要があります。
  •  部下との関係の構築-部下は、マネージャーと従業員は職場での問題を解決するのに役立つ効果的なパートナーです。したがって、マネージャーは定期的に彼らの仕事について話し合うことによって彼らとの絆を築くべきであり、時には絆を強めるために会合をもつべきです。それによって、従業員は上司を愛し、誠意を持って仕事をします。
  •  命令を出さないで、従業員と一緒に参加する-マネージャーは従業員よりも高い地位にありますが、部下に強制的に働かせるように命令を出すべきではありません。これは生産性上、従業員に悪影響を与えます。したがって、マネージャーは、タスクを完了するためのコンパニオンおよびサポートスタッフである必要があります。これは、上司と従業員の間のギャップを埋める最短の方法です。それによって上司は従業員をよりよく知ることができます。従業員は「上司のからの強迫観念」を排除し、仕事に専念します。
  •  マネージャーの役​​割を示す-従業員が尊重し、真剣に取り組むためには、マネージャーが「リーダー」の役割をわかり易く示し、最小の行動から模範を示す必要があります。さらに、マネージャーは目標指向であり、従業員が努力した事で従業員の仕事を評価する必要があります。
  •  上記の従業員にタスクを割り当てる技術に基づいて、マネージャーは彼らに巧みな方法を適用することができます。そして効率を上げるために、上司は従業員に彼のリーダーシップ能力を示さなければなりません。

引き続きBEMOをフォローして、多くの有用な管理知識で更新してください。